全身脱毛コラム

全身脱毛での副作用や肌トラブルとは?

全身脱毛での悪い作用はほとんどない

全身脱毛は出力が強いため、副作用や病気の原因とならないか心配している方もいるでしょう。しかし、クリニックの全身脱毛で使用するレーザーは赤外線に近いものとなります。皮膚ガンの原因となりやすいのは紫外線なので、レーザー脱毛で肌に深刻な病気が発生するリスクはほとんどないと日本医学脱毛協会は説明しています。
ただ、レーザー照射後に肌トラブルが発生する可能性はあります。施術後に発生する代表的な症状として毛嚢炎が挙げられます。VIOや男性のヒゲを脱毛した後に発症することが多いですが、時間の経過とともに自然治癒していきます。もし、なかなか肌トラブルが改善しない場合は念のため医師に診てもらえば安心です。

全身脱毛の副作用で考えられること

全身脱毛は医療レーザー脱毛治療を行って施術を行いますがレーザーで毛根に直接働きかけて再び毛が生えてくることを防ぐような役割を行っています。そのため可能性が低くても何かしらの副作用が生じることがあります。それは火傷のような赤みや痛みが生じたり施術を行った部位が炎症を起こしたりするというものが挙げられますがそれらは基本的には一時的なものですので心配する必要はなく、治療を行っているクリニックではもし万が一そのようなトラブルが起こったときのために必ずアフターケアーを施しているところが多いことが挙げられます。もし脱毛を行う部位にニキビがあったり毛膿炎が発症している場合にはレーザー治療は控えるのが得策です。

全身脱毛で汗が増えるのは本当?

全身脱毛の施術後に汗の量が増えてしまう人は、年々増加していることが知られていますが、ワキ汗などのトラブルを解決するために、口コミの評価の高いクリニックに直に問い合わせをすることが良いでしょう。
また、ワキガの治療法に関する勘違いを少なくするうえで、実績のあるクリニックでカウンセリングの申込みをすることがおすすめです。
現在のところ、脱毛効果の優れているクリニックの通い方に注目をしている女性が珍しくありませんが、短期間のうちに副作用の問題点を把握することがコツです。

全身脱毛で肌トラブルがあることも

アトピー肌や乾燥に弱い敏感肌の場合は、全身脱毛をしたい気持ちはあるが肌トラブルが怖くて躊躇してしまうものです。レーザーによる脱毛は毛根の内部だけに効果があるため、肌の表面にはほとんどダメージがないとされていますが対処法を知っておくと安心です。ムダ毛の自己処理は大変面倒ですし、逆に肌荒れの原因を作っている場合もあります。全身脱毛ができるクリニックでは最初にカウンセリングがあり、肌の状態やコンディションを診察したうえでパッチテストを行い問題がないことを確認することが徹底されています。レーザーを使用するため熱による軽い火傷が生じたり赤みが出るといったことも考えられますが、万が一のトラブルにすぐに対応できるようになっています。